令和4年度 第2回 消費者庁 食品ロス削減推進サポーター育成オンライン講座の開催

消費者庁では、地域において食品ロスの削減を担う人材を育成するため、食や環境問題に一定の知見を有した団体の会員向けに、「食品ロス削減推進サポーター育成講座」を開催しています。
本講座を受講し、テストと簡単な小論文試験を受験後、消費者庁に御登録いただくことで、消費者庁は受講者を「食品ロス削減推進サポーター」に認定します。
認定されますと、国から「食品ロス削減推進サポーター認定証」が送られてきます。

一般社団法人フードバンク東九州は、登録団体に任命されており、下記の日程でオンライン講座と試験を実施いたします。
ぜひ、御参加いただきますようお願い申し上げます。尚、申込締切は、令和4年12月28日まででお願いします。

【講座プログラム】

<日時>
以下3日のうち、1日を選択いただきます。
令和5年2月6日(月)14:00~16:00(2時間)
2月8日(水)14:00~16:00(2時間)
2月10日(金)14:00~16:00(2時間)
開催場所︓フードバンク東九州

<プログラム>
・開会あいさつ
・食品ロス削減推進サポーター育成の背景
・テキストを使用した学習
-食品ロスの現状
-食品ロス削減の手法、参考事例の学習(消費者編・事業者編)
・質疑応答

【対象】

一般社団法人フードバンク東九州の賛助会員
※フードバンク東九州の、認定食品ロス削減推進サポーター登録人数は37名で県下48名中最大です。(2022年12月1日 現在)

【費用】

フードバンク東九州の賛助会員の費用として、2,000円頂戴いたします。

【賛助会費の使用目的について】
第2の命を全うできるように個人・企業・団体・個人中心に提供された「食糧・商品」の
・保管スペースの拡充
・冷蔵設備の拡充
・着払いなら送って頂ける食糧・商品の運賃
・子ども食堂への食糧・商品の配送経費(ボランティアの方の自家用車のガソリン代等)
・広く、「食糧・商品」を集めるためのイベントに関わる一部経費・・等々
人件費は、全てボランティアです。

今後は、被災地などで発生をする食品不足に備えた食糧備蓄や迅速かつ効率的な配布の役割も目指していきます。

【認定取得のメリット】

・学校や職場、地域で食品ロス、食育活動のリーダーとして活躍できます。
・社会活動の実績として残せます。

【お問い合わせ】

〒870-0251 大分県大分市大在中央 1-12-4 メゾン芦刈 1F
一般社団法人 フードバンク東九州
電話 :097-592-7302